羽子板は風物詩┃最近では自宅に飾る人がいる

男児

正月飾りのお守りです

端午の節句

飾っておく期間

破魔弓は、厄払いのお守りで男の子の初正月に飾られる節句人形の一つです。基本的にお祝いのものなので一年中飾られたり、五月人形の脇飾りとして飾られる場合もありますが、だいたい十二月の中旬頃より年を超えて一月の下旬頃まで床の間かもしくは人の目によく付く場所などの飾られるのが作法です。飾り始めは、平安時代のころから十二月十三日は「正月事始め」と言われて歳神様や祖霊を迎えるための準備を始める日とされて、この日から破魔弓などの正月飾りを飾り始めるのが良いとされてきましたが、最近では十二月中の大安の良い日や、クリスマスを避けてそれ以降に破魔弓を飾られることもあります。破魔弓をしまう日は一月十五日の小正月にどんど焼きという行事で正月飾りを焼く習慣があるので、それ以降の休みの日などにしまう人が多いようです。

子どもの健康を祝って

日本には昔から子どもが生まれて初めての正月に、男の子ならば破魔弓を、女の子ならば羽子板をそれぞれ贈る風習がありました。破魔弓は読んで字のごとくに弓を用いて魔となるものを打ち破る力があると考えられてきました。平安のころより神社や宮中で弓を用いて厄除けとしていました。それが鎌倉時代以降に一般の武家や商家でも破魔弓を飾って家内安全を祈るようになったのです。それが正月に飾るようになったのは、旧暦の十二月から一月の間は十二支の暦の上で丑寅の鬼門にあたり、その時期をまだ生命力の弱い子どもが無事に通過できるようにと厄除けの効果がある破魔弓を贈る風習ができたからです。破魔弓を贈ることは、その男の子が健やかで力強く育つようにという意味を込めて、何百年も続いてきた歴史のある風習なのです。