羽子板は風物詩┃最近では自宅に飾る人がいる

男児

健やかな成長を願う人形

雛人形

伝統的なイベント

雛人形とは、3月3日の桃の節句の日に女の子の健やかな成長や幸せを願って飾られる人形のことであります。日本の古い風習によって、雛人形は嫁いだ人の家が贈る物、つまり一般的には母方の祖父母が贈る人形であるとされています。これには、古く嫁入り道具の一つとして雛人形を婚家に持参したという歴史がありそれが今でも受け継がれているということになります。そして、雛人形は子どもの災厄の身代わりをしてくれる人形ともされており姉妹においての共有は避け、別の物を準備するのが望ましい形であります。しかし近年では、住宅事情などによってこれが難しい場合も多くなっていますが、同時に雛人形のサイズやタイプも増えていますので選択肢の幅は広がっていると言えます。

サイズやタイプの変化

近年では、本来の7段飾りの雛人形に加え、3段飾りやケースに入ったタイプの物などが多く販売されるようになっています。これは、住宅事情などによって大きな人形が飾れない場合に購入しやすい商品として注目されています。また従来の古風な雰囲気の物とは変わってお洒落な雰囲気の物も多く見られるようになっているのが現状です。インテリアの一部としても飾ることができる為、若い世代を中心に人気を集めているのがこのタイプだと言えます。また最近では成人独身女性が、自分用にと雛人形を購入するケースもあるのです。このように雛人形は、時代に合った形などに変化をしながらも日本の歴史・風習として現代でも受け継がれている人形であるのです。